Skip to content

タグ: 2017 セレッソ大阪 ユニフォーム

セレッソ大阪 2018 ユニフォーム ホーム 半袖

YBCルヴァンカップではリーグ戦で控え組の選手が活躍して準決勝まで勝ち進みガンバ大阪と決勝をかけて戦った。1stレグはホームで2-2の引き分けだったが、2ndレグでは2-1で勝利をしてクラブ史上初の決勝進出を果たした。そのルヴァンカップ決勝では川崎に2-0で勝利し、クラブ史上初の優勝を果たした。

天皇杯でもルヴァンカップに続いて決勝まで勝ち済んだ。決勝戦では横浜FM相手に先制されるも山村と水沼の得点で逆転してクラブ初の優勝を遂げた。この優勝でルヴァンカップに続いて2冠を達成した。

J1でも3位に入りACL出場権を獲得した。

本日は「セレッソ大阪 2018 ユニフォーム ホーム 半袖」を紹介いたします。

F181PU0365

 

 

 

 

 

 

 

 

【素材】
ポリエステル100%

【特徴】
・ホームユニフォームは、伝統のピンクを基調に、白との組み合わせを採用したデザイン。
・クラブの象徴である桜のグラフィック(※「セレッソ」はスペイン語で桜の意味)。全部で11個の桜が描かれているという。
・基本となるクルーネック。
・フロントのスポンサーロゴがプリント。
・メーカーブランドは前続き「PUMA」、メーカーロゴが刺繍。

【サイズ】

S/M/L/XL

セレッソ大阪の特集ページはこちらへ。


Leave a Comment

セレッソ大阪 2017 ユニフォーム ホーム 半袖

1年でのJ1復帰を目指した2015シーズン、チームはプレーオフでアビスパ福岡の前に屈した。大熊清体制2年目、柿谷曜一朗や杉本健勇が復帰し“背水の陣”で臨んだ2016シーズンも4位でのプレーオフ行きを余儀なくされたが、最後の最後で勝負強さを発揮。J1への最後の切符を掴んだ。今季はサガン鳥栖での実績が光るクラブOBのユン・ジョンファン監督が就任します。

メーカーカラー

ピンク

CEREZOHOMEFRONTCEREZOHOMEBACK

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴

・サポーターの観戦時の着用を目的に作られた「レプリカ」モデルのため、横幅などに余裕のあるシルエットを採用します。
・正面には、「プレーヤーがサポーターとともに目指す “勝利” 」を表現した12本の “V” 型ボーダーストライプが施されています。
・C大阪の2017モデルは、肩から袖にかけて入れられたPuma伝統の「アパレルフォームストライプ」を従来の切り替えタイプではなく、ドットプリントで表現しています。
・右袖の「明治安田生命Jリーグ」エンブレムは織りワッペン縫い付けています。
・エンブレムは樹脂ワッペン圧着します。
・両袖のメーカーロゴは織りワッペン縫い付けています。
・メーカーロゴは刺繍です。

スペック

素材 スクエアードライニット(ポリエステル100%)
生産国 日本
発売時期 2017年3月発売
シーズン 2017

ご購入はこちら


Leave a Comment